オリンピックに熱くなる看護師さん

めちゃくちゃ盛り上がったソチオリンピック。 ボクは高梨沙羅さんのことを以前から応援し続けてきたので、今回の結果には少し落ち込みました。 でも、高梨沙羅さんの頑張りは伝わりましたし、これからも彼女を応援する気持ちに変わりはありません。 そんなソチオリンピックについてボクは看護師さんと熱く語り合ってしまいました。

よく行ってる病院の看護師さんは過去にスキージャンプの経験があるらしく、ボクがスキージャンプの話をふると必ず水を得た魚のようにペラペラと語り始めて止まらなくなってしまうのです。 個人的には物凄く嬉しいのですが、看護師さんとしての業務が疎かになるくらい熱心にスキージャンプについて語る看護師さんを目の当たりにすると、話をふったことを後悔してしまう日もあります。 ソチオリンピックはそんな看護師にとって、特に大きなイベントだったようで、毎日かなり寝不足になりながらテレビにかじりついていたとボクに言ってきました。 ただでさえハードな仕事の看護師さん。 それにも関わらず自分の体調を悪くしてまでもソチオリンピックに夢中になった看護師さんは、ある意味プロフェッショナルかも知れません。

ソチオリンピックが始まった時期と、終わった時期とでは明らかに肌の具合が変わっていた看護師さん。 寝不足が続いたせいで肌荒れしてしまっていた看護師さんの顔は少し残念な感じになっていましたが、その表情はめちゃくちゃイキイキしていました。 個人的にはソチオリンピックは録画して見てもらって、キチンと睡眠だけは看護師さんにとって欲しかったボク。 しかしながら看護師さんは(ソチオリンピックを見る事を生き甲斐に頑張ってきたのだから生で見なくちゃ意味がないのよ)とボクに言ってきたのです。 もう、そんなに情熱があるなら看護師さんが次のオリンピックを目指せば良いのではないかとボクは思いはじめています。

看護師転職エージェント

Copyright (C) 2007-2014 [ピンクのナース服を着た看護師さん]. All Rights Reserved.